プログラム内容

 本プログラムへの応募者は、学業や語学において優秀なだけでなく、人格的にも優れていることが求められます。また、社会の貢献につながる事業に関わっていること、又は、今後実施したい社会事業のプロジェクト案を持っていて、最終選考までにその事業計画を試験的に実践することが必要です。そして、それらの実務経験を持って、インドネシアでのインターンシップ(研修)に臨んでいただきます。
 事前・事後学習もいれて、派遣研修生に選ばれた場合は約1年半ほどの活動になります。参加に興味のある方は、本事業の趣旨や派遣研修生に選ばれる過程などを理解した上で応募下さい。

 2017 /2016 / 2015 / 2014

2016.2.1 2017年研修生募集開始
2017年の派遣研修生の募集を開始し、GMB2015期生が主体となって広報活動を行いました。
2016.3.24 -4.18 インドネシア研修生のインターンシップのサポート
インドネシアからの研修生のインターンシップの間、日本のGMBの学生達は、ホームステイの受入や企業への同行など様々な形でサポートしました。
2016.4.2&3 ユースリーダーシップワークショップ
日本人学生と一緒の研修会。Icebreakingのゲームの後、チームで資源を増やすチャレンジを行い、一緒に夕食を料理して親交を深めました。二日目はCritical thinkingの講義のあと、デザイン思考の実践ワークショッを通じて、相手の本当のニーズを知り、形にする訓練。最後に、リーダーに必要な資質について考え、みんなでGMBの歌を歌って解散!新しい学びと友人を得た2日間となりました。
2016.5.14,21,28 日本の研修生候補学生のリーダーシップ研修
実際に各自が取り組みたい社会問題についてのソーシャル・プロジェクトの企画書を立案。
2016.6.1-2017.2.22 日本の研修生候補学生の研修&定例会議
先輩の研修生とともに、新しい研修候補生達が月に2回の定例ミーティングを行いながら、研修生独自のプロジェクトの実践や資金調達活動にも挑戦。
2016.7.3 「Youth Leader Workshop~貧困と自立に向けた事業創出」の開催 学生達の企画イベントを大坂イノベーションハブと連携して開催。社会問題の現場を見て、生の声にふれるとともに、その解決に取り組む社会起業家の実践から学び、参加学生達も貧困解決の事業提案を考えるワークショップを実施しました。
2016. 8.24-9.5 Youth Adventure Camp and Leadership Forum (インドネシア)インドネシアのGMB2018年度の研修候補生(50名)と一緒に現地の研修に4名の日本人学生が参加しました。現地では、ジョグジャカルタの村でラジオ番組の取材を受けたり、前年にお世話になったホストファミリーやNGOに挨拶に行ったりした後、合宿場所でホームステイをしながら、その後のチャレンジ旅行の研修を受け、ジャカルタまで旅をしました。ジャカルタでは、様々な分野で活躍する方々の講演や現地GMBのメンバーが主催するワークショップやNGO視察などに参加しました。日本人チームも、マシュマロチャレンジなどのワークショップを担当し、現地学生との交流に一役買いました。
2016. 9.14 Youth Adventure Camp and Leadership Forum 報告会
インドネシアでの研修での学びを報告する会をImpact Hub Kyotoの協力を得て 開催。開発途上国での支援活動のプロからも助言を頂戴しました。
2016. 10.29 寄付金集めの資金調達活動
研修予定先のバリ島東部のSelat村で子どもの芸術活動を支援しているKlencing Art Studioへの寄付金を募るため、堀川商店街協同組合の協力を得て、ハロウィンイベントを開催しました。イベントでは、Klencing Art Studioに通う子ども達が描いた絵を使ったタンブラーを販売。
2016. 11.27 寄付金集めの資金調達とGMBの広報
京都大学で開催された「ユース・エンタプライズ トレードフェア」に出展し、GMBの活動について発信するとともに、タンブラーを販売しました。
2017. 2.22 渡航前の最後の研修
1月に入ってから、模擬授業を繰り返し、最後の実践確認を行うとともに、約5万円の寄付をKlencing Art Studioに行うことができることになりました。
2017. 2.25-3.22 バリのSelat村にて研修
関空から出発した研修生4名は夕方にデンパサールに到着。インドネシアのGMB財団のメンバーに迎えられ、各自ホストファミリーの自宅へ。
2017. 2.26 オリエンテーションとバリの伝統的な祭事に参加
オリエンテーションにてGM財団の理事Prabowo氏と現地の学校やホームステイの受入の窓口になって下さったSMAN1高校の教頭のNurasa氏からバリ島生活にて気を付ける事などについて指導を受けました。その後、当日Selat村で開催されていた祭事Usaba Dodolに参加するため、研修生も正装に着替え、現地の方々と一緒に寺院での儀式に行きました。
2017. 2.27 研修先へ訪問
Nurasa氏の案内で、明日から研修生がお世話になる研修先に挨拶のため訪問しました。どの学校も快く私達を歓迎して下さいました。また、毎週金曜日の朝は、バリ島の多くの学校が国旗掲揚式を開催しており、私達も参加しました。
 
2017. 2.28 研修初日
学校は7時に始まり、研修生4人は、ホームステイ先の方に各自の研修先(小学校、中学校、高校)に送迎して頂き、担当の先生の指導のもと、授業に参加しました。初日ということで、小・中学校では自己紹介と日本の紹介をメインに各自授業を行いました。そして、高校で研修している2人は日本語や英語の授業に参加した後、 午後に担当している環境プロジェクトと地域活性化のためのプロモーションビデオ作成のプロジェクトにて、参加生徒に活動の内容の紹介や今後の進め方について説明しました。定員15名のところになんと50名の応募者があるという人気の課外活動となりました。 緊張しながらも、たくさんの人たちのサポートのおかげでなんとか初日の授業を無事に終えることが出来ました。
2017. 3.1 研修2日目
全員、午前中は、各自の学校へ。午後からは、Prabowo氏の新車・家のための安全祈願の儀式に参加しました。バリでは、新しく家電・車・家などを購入した際に、このような儀式を行うそうです。
2017. 3.2&3.3 研修3日目&4日目
研修生も日本とは全く違う生活環境にも少しずつ慣れ、放課後の課外活動では、日本のお手玉やラジオ体操、折り紙などを教え、現地の学生達にも喜んでもらうことができました。 また、夕方は、研修生同士で集まり、ここに来て悩んでいる事、頑張りたい事、新しく学んだ事等を共有しました。
2017.3.4 文化体験/村の若手リーダー向けの環境問題ワークショップ
バリの伝統的な布であるソンケットを作っている現場に見学へ行ったり、アグン山の見える美しい景色を見に行ったり、バリ島の美しい自然や伝統工芸品について学びました。夜は研修生が、村の若者達を対象に環境問題のワークショップを行いました。
2017. 3.5 トレッキング/GMBワークショップ
朝から渡航前に寄付金を集めて贈呈したKlencingアートスクールの子供達と一緒にアグン産のふもとの美しい棚田に絵を描きに出かけました。スケッチが終わった後、研修の一環として、バリ島渡航前から子供達の書いた絵を使ったタンブラーの販売で得たお金を寄付する贈呈式を野外で行い、お礼に子ども達が描いた絵を頂きました。 夜はインドネシアと日本のGMBのメンバーが一緒になり、地元の若者達を招待し、GMBの活動の紹介の後、自分達が抱えている問題やそれをどう解決したらよいかなどを話し合うワークショップを行い、GMBのインドネシア人メンバーはファシリティターとして参加しました。進路や家族のことなど、互いに抱える問題について友人たちと共有し、その解決のために前向きに活動していくことを考える良い機会となりました。


2017. 3.6-3.10 研修2週目
研修生2人は、新しい小学校と中学校にての研修。2週間目は、インドネシアのGMBのメンバーが学校や仕事を休んで、授業に通訳として参加してくれるなど、さらに多くの方に支えてもらい、無事終えることができました。
2017. 3.10 食事会
研修生2名が無事学校でのプロジェクトを終了したことのお祝いをかねて、ジャカルタなどから来てくれていたGMBのインドネシア人メンバー達と一緒に食事会。同世代同志で、いろんなことを語り合い、互いの親交を深めました。
2017. 3.11 文化体験
現地のGMBメンバーと共にインドネシアで一番美しい村の一つと言われているプリプラン村や有名なケチャダンスが見れるウルワトゥ寺院に行き、バリの文化に触れるとともに、とても楽しい時間を過ごしました。
2017. 3.12 文化体験
朝はトレッキングをしてSelat村の美しい自然に触れるとともに、午後には、バージンビーチと水の宮殿へ。バリに来て初めての海を体験。
2017. 3.13-3.17 研修3週目
3週目は職業高校での研修です。日本語の授業に参加したり、日本料理(巻きずしとぜんざい)をデモンストレーションし、一緒に生徒さん達と試食会を行いました。
2017. 3.18 文化体験
Ubudを訪問。バリの伝統的工芸品などを見ることができました。
2017. 3.19 研修報告会
お世話になった学校の方やホストファミリーなどを招いて、研修の報告会を開催しました。
2017. 3.20 ホストファミリーと過ごす休暇
終日、ホストファミリーと自由行動
2017. 3.21 帰国
ホストファミリーと過ごした後、食事をして夕方空港へ。深夜のフライトで翌朝関空に到着。
2017. 4.1 研修報告会
今回の研修で得た経験や学びを仲間たちと共有するための研修会を開催。

 

Page Top