事業について

 京都起業家教育推進事業「ユースチャレンジ」プロジェクトは、平成27年度経済産業省の「起業家教育普及促進事業」にて、京都府と事業実施自治体・京都中小企業家同友会等と非営利活動法人アントレプレナーシップ開発センターが連携してコンソーシアムを結成し、京都府内の初等教育段階におけるアントレプレナーシップを推進することから始まりました。平成28年度は、文部科学省の「小・中学校等における起業体験推進事業」にて引き続き、京都府(亀岡市・京丹波町)と京都市において、小学校2校と中学校2校でモデル授業を行っています。

この事業では、小中学校におけるモデル的な起業家教育の実施により、「起業家精神(チャレンジ精神、創造性、探究心等)」や「起業家的資質・能力(情報収集・分析力、判断力、実行力、リーダーシップ、コミュニケーション力等)」を有する人材の育成・裾野拡大を図ることを目的にしています。
 また、起業家教育の意義とノウハウを広く周知するとともに、地域に根ざし継続する起業家教育の実践モデル(起業家教育エコシステム)を構築することを目指しています。

事業に参加された学校に対しては、以下のような支援をしています。