事 業 目 的 と 内 容 

 近年、科学技術の飛躍的な発展で、世界的な規模で情報化・国際化が急速に進み、社会や経済の在り方にも大きな変革が求められています。そんな中、日本では社会変革の起爆剤となるイノベーションを推進する“起業家的人材”が不足しており、その要因として、学校教育でアントレプレナーシップ(起業家的行動能力)を推進する実践が少ないことが長年指摘されて来ました。 「子どもが創る起業村―キッズベンチャータウン」では、子ども達が、科学技術の発展によって変化していく暮らしや社会について理解し、人間の強みを生かして社会問題の解決に資する新たな事業を創り出す体験をします。そして、これらの学習活動を通じて、青少年たちが、予測できない未来に希望を持って、自ら事業を生み出す楽しさを体験し、どのような職業についても必要となるアントレプレナーシップを培うことを目指しています。

 今年度は、12月6日に同志社大学町家キャンパスにて、子どもが創る起業村として「キッズベンチャータウン」を開催しました。
また、今年は新型コロナウィルスの感染防止のため、換気が行いやすい会場で、お客さんの数を制限して保護者と招待客の時間帯を分けて行いました。

参 加 者 募 集 概 要  

対 象 者:活動に興味を持っている小学生5年~中学生 <申込締め切りました>
参 加 費:10,000円(資料代・保険料含む)  
活動場所:同志社大学町家キャンパス江湖館
申込方法:申込フォームより必要事項を記入のうえ応募下さい。受付はメールにて返事させて頂きます。
     

主 催 & 問 合 先

 主 催:特定非営利活動法人アントレプレナーシップ開発センター  (TEL:075-468-8907, E-mail:info@entreplanet.org)
 共 催:同志社大学大学院 総合政策科学研究科 今里研究室

助  成

独立行政法人国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」公益財団法人双葉電子記念財団「青少年創造性開発育成事業」

後 援

京都市教育委員会、青少年と科学の会