2019年

国内予選

日 時:2019年3月24日AM8:00~PM20:00
主 催:特定非営利活動法人アントレプレナーシップ開発センター
参加者:67校68チーム
入賞者:以下の1位から3位までの入賞チームが世界大会への参加権を得ることになりました。
   ★1位 :OCTET-J(AICJ高等学校)
       (浅沼駿哉、井唯千嘉、菅剛大、雑賀亮介、佐々木咲乃
        真田翔太、曽根川かなえ、三宅愛美)
   ★2位 :HG Theoria(広尾学園高等学校)
       (加藤来美、亀田千夏、千田小春アリシア、西村瑠夏、羽毛田かれん
        藤田ゆり子、増本蒼、料治佑季)
   ★3位 :facian(同志社国際高等学校)
       (井澤円花、門田麻未、川邉永麗菜、髙松芽衣、中本 マリサ さくら
        ナミカス キャロライン、ナミカス ジュリアーナ、堀綾花)
   ★審査員特別賞 :Team HGWA(広尾学園高等学校)
       (飯島洋輔、栗田ひろか、黒田凜、今野杏紀、髙志成海、徳光誠太、沼田賢人、萬代鴻樹)    

課 題

「To develop an innovative business idea to contribute to the ending of IUU fishing and to manage fisheries sustainably as well as conserve marine biodiversity. You will present your business plan to a panel of venture funders who are interested in investing in social enterprises that aim to solve these problems using the latest available technology.」


審 査 員

・ 市原 達朗(ネオマテリアル研究会 会長)
・ 鵜飼 宏成(名古屋市立大学大学院経済学研究科 教授)
・ Eric Bray(四日市大学 環境情報学部 教授)
・ 遠藤 健一郎(Christ & Gantenbein Architekten ETH SIA BSA/Tokyo University)
・ 黒澤 敏朗(摂南大学 名誉教授)
・ 小西 史一(一般財団法人 国際高度産業人材育成拠点開発機構 事業部長)
・ Jane H. Liu(CEO of New Deantronics Group)
・ 曽我 弘(株式会社カピオン 代表取締役)
・ 角田 隆太郎(椙山女学園大学 現代マネジメント研究科 教授)
・ Dede Prabowo(Alam Aksara財団 代表)
・ 原田 紀久子(特定非営利活動法人アントレプレナーシップ開発センター 理事長)
・ Hui Mei Ling(CEO of UTC Foods Corporation,Taiwan)
・ 森田 達夫(PM ディメンションズ株式会社 代表取締役)
・ 松田 一敬(合同会社SARR 代表執行役員)
・ 山口 栄一(京都大学大学院 総合生存学館(思修館)教授)
・ 吉川 正晃(株式会社Human Hub Japan 代表)
・ 渡辺 珠子(株式会社日本総合研究所 創発戦略センター スペシャリスト)
・ 和田 信明(特定非営利活動法人ムラのミライ 海外事業統括)

GYEC Global Youth Entrepreneurship Challenge

日 時:2019年5月12日AM8:00~PM8:00
主 催:Global Youth Entrepreneurship Challenge (GYEC)実行委員会
事務局:特定非営利活動法人アントレプレナーシップ開発センター
参加国:11カ国20チーム
入賞者:
   ★1位(優勝):OCTET-J(AICJ高等学校、日本)
         (浅沼駿哉、井唯千嘉、菅剛大、雑賀亮介、佐々木咲乃
         真田翔太、曽根川かなえ、三宅愛美)
   ★2位(準優勝):facian(同志社国際高等学校、日本)
        (井澤円花、門田麻未、川邉永麗菜、髙松芽衣、中本 マリサ さくら
         ナミカス キャロライン、ナミカス ジュリアーナ、堀綾花)
    ★特別賞 :Wolf-Gang, (Multiple Intelligence International School,Philippines)
       (Alexa Isabel Y. Aguila, Bianca Katelyn C. Warren, Florencio Cenon B.
       Singson II, Isabelle Eleanor T. Antaran, Marcus Benjamin L. Siggaoat,
       Nadine Gabrielle A. Bufi, Renee Isabelle D. Bundoc,
       Simone Gabrielle G. Bernardo)

課 題

「To develop an innovative business to clean up marine debris in the ocean or drifted litter on the shore. You are expected to use the latest available technology in your proposed product. You will present your business plan to a panel of venture funders who are interested in investing in the marine debris problem. 」


主  催:特定非営利活動法人アントレプレナーシップ開発センター
特別協賛:京都外国語大学
協  賛: 有限責任あずさ監査法人京都事務所、株式会社島津製作所ニチコン株式会社
     日東薬品工業株式会社株式会社堀場製作所
後  援:経済産業省近畿経済産業局、京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会
     京都府私立中学高等学校連合会、公益財団法人全国商業高等学校協会、青少年と科学の会
     (公益社団法人京都工業会、一般社団法人京都経済同友会、一般社団法人発明協会京都支部)
     国立研究開発法人科学技術振興機構、独立行政法人国立高等専門学校機構